花巻市花城町の花巻高等看護専門学校(大島俊克校長、学生119人)は5日、同校の教室で卒業式を行った。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、保護者らの出席を見合わせるなど規模を縮小。卒業生37人は教職員への感謝と、看護師という職業に対する誇りを胸に学びやを巣立った。

 卒業生と教職員の計約50人が出席した。大島校長が「いかなる状況にも対応できる看護師になってほしい」と激励。卒業生代表の中島更紗(さらさ)さん(21)が「目指す看護師像に近づけるよう努力する」と誓った。