スノーボード女子の岩渕麗楽(れいら)(バートン)は5日、一関市八幡町の一関学院高(佐伯幸雄校長、生徒350人)で卒業証書を受け取り、「学校生活は全て楽しい思い出」と高校3年間を振り返った。2022年の北京冬季五輪金メダル獲得を目指し、4月から法大へ進学。新たな環境でレベルアップを図る。

 既に卒業式は1日に行われたが、岩渕は2月末に米コロラド州で行われていたUSオープンに出場していたため欠席。同校が特別に岩渕のみの卒業式を企画した。

 佐伯校長は卒業証書を手渡し、「アスリートとして、学生としてさらに飛躍することを期待している。職員一同あなたに出会えて非常に幸運だったと思っている。グッドラック」と激励した。