矢巾町と矢巾観光開発(吉田秀一社長)などは、「やはばおでん」のレトルトパックを開発した。町の特産品の原木シイタケを丸ごと使用した「やはばくだん」など5品が入り、お湯で数分温めるだけで家庭で手軽に味わうことができる。6、7日には町内で試食販売会を開き、料理を通じて地域活性化を図る。

 試食販売会は同町南矢幅のショッピングモールアルコで開催。6日は午後1時~同7時、7日は午前10時~午後3時。それぞれ限定100食販売する。600円。レトルトパックはアルコや町国民保養センター、町内の産直などで販売している。

 問い合わせは矢巾観光開発(019・697・2310)へ。