滝沢市の県立大(鈴木厚人学長)は4日、2020年度一般入試前期日程の合格者を発表し、全4学部で234人が喜びの春を迎えた。掲示板前では、新型コロナウイルスの感染拡大を受けてマスク姿も目立ち、事態の沈静化と入学式実施を願う声もあった。

 午後1時、学内の掲示板とホームページで合格者の受験番号を発表。掲示板前では、受験生や保護者ら約20人が発表を待ち、自分の受験番号を確認すると笑みを広げた。新型コロナウイルスへの警戒もあり、学内へ足を運んだ人は例年より少なかった。

 後期日程の試験は12日。前期と同様に受験生のマスク着用を認めるなど感染予防策を講じて実施する。合格発表は20日。