岩手から初めてプロ野球審判員が誕生した。宮古市出身の県立大4年、加倉侑輝さん(22)は日本野球機構(NPB)のアンパイア・スクールを修了し、4日にNPBの研修審判員として契約した。高校3年からプロ審判員を夢見て、大学入学後に花巻市野球協会の審判員として年間100試合以上でジャッジしてきた成果が実った。1年目は独立リーグで研さんを積んで育成審判員を目指し、将来は大舞台に立つと意欲を燃やす。

 加倉さんは花巻東高の元球児でプロ野球広島の高橋樹也投手と同級生。小学1年から野球を始め、主に投手として中学でも活躍。高校でもエースを目指したが、けがなどもあり最後までベンチ入りを果たせなかった。

 「(高橋)樹也の試合で球審ができたらうれしいし、日本シリーズを目指して精進する。みんなが憧れるような審判員を目指す」。プロでの活躍が故郷への恩返しになると信じ、県人未踏の道を歩みだす。