新型コロナウイルスの感染拡大を受け、盛岡市内の小中学校は4日から休校する。各校は3日、今学年で最後の授業を行った。

 同市日戸の玉山中(大越千晶校長、生徒20人)では、平常通り授業と併せて休業期間の留意点などを伝えた。3年生は6日に県立高校の一般入試を控え、担任と個別面談して当日の動きを確認。卒業も間近で、空き時間には、はがきに同級生一人一人へのメッセージをしたため、思い出を刻んだ。