久慈市の子育て世代包括支援センター「あいてらす久慈」のプレオープニングセレモニーは30日、同市旭町の現地で行われた。同センターは保健推進施設「元気の泉」内に設置され、子育て支援課の全業務と保健推進課の母子保健の一部業務を一括して担い、機能を強化。妊娠期から子育て期までの支援を1カ所でできるようにすることで育児世代を支えていく。4月1日に開所する。

 同市ではこれまで、児童手当などは市役所本庁舎の子育て支援課、乳幼児検診などは「元気の泉」内の保健推進課と担当窓口が異なっていた。センターは出産・育児に関する業務と課を再編し、ワンストップで対応できるようにした。平日8時半~午後5時15分。開所後の問い合わせは同センター(0194・52・2169)へ。