盛岡市新庄の市動物公園の再生事業を手掛けるもりおかパークマネジメント(新沼正博社長)は動物公園の愛称を「ZOOMO(ズーモ)」に決めた。景観デザインの基本設計では、より動物に近い園路にルート変更するほか、植栽で視界を防いで動物に出合うワクワク感を演出。クマと同じ視線のテラスを設けるなど、動物の見学を楽しめるように工夫を凝らす。

 愛称は職員から募集した20~30案から同社や市が決定。「ずっと盛岡と共に」「もっと愛される公園に」「動物や自然の大切さを伝える命の語り部でありたい」などの意味を込めた。公募も検討したが、長年愛着を持って飼育してきた職員のアイデアを生かした。キリンやライオンなどのエリアに新たな園路を設け、より近い位置でさまざまな角度から見学できるようにする。