県高野連(会長・南舘秀昭盛岡工校長)は30日の臨時常任理事会で、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、春季東北地区高校野球県大会を地区予選から無観客で実施する方針を固めた。地区予選は規模を縮小して5月1日に開始予定。4月15日の常任理事会で最終審議を行い、同17日の評議員会で正式決定する。

 これまで春季大会の地区予選は全7地区で敗者復活戦を実施しており、盛岡地区では最大5試合を戦うチームもあった。今大会は開催期間を短縮するため、敗者復活戦や順位決定戦は行わず、トーナメントで地区代表校を決める。

 県大会は5月15日に開幕。一関市を主会場に行われ、最大32チームが出場する。