雫石町板橋の菓子製造業千秋堂(西山由珠(ゆうみ)社長)は4月1日、新商品「不来方ラスク」を発売する。1917(大正6)年創業の矢沢製麸(ふ)店(盛岡市松尾町)の焼き麸を使い、サクサクした優しい食感を楽しめる。高校生が考案した楽しいパッケージとともに、伝統食材の新しい楽しみ方を提案する。

 「ガーリックとアンチョビ」「チーズと黒胡椒(こしょう)」「ハーブミックス」の三つの味で、おやつや酒のつまみにもなる。不来方高美術部でデザインに取り組む1、2年生にパッケージデザインを依頼。16作品の中から1年千葉春月さんの作品を採用した。

 18グラム入り、216円。盛岡市のイオンモール盛岡内の「ふるさと百貨もりおかん」、盛岡手づくり村、雫石町の道の駅雫石あねっこなどで取り扱う。