宮古市でトラウトサーモンの海面養殖試験が本格化している。養殖した2万5千匹を4月から順次、宮古市魚市場に出荷し、市内外に販売を始める。流通状況や市場ニーズも調べ、販路の確保や生産拡大を目指す。秋サケなど主要魚種の不漁が続く中、新たな地域ブランドに育て苦境にある水産業や地域の振興につなげようと期待が高まっている。

 市が宮古漁協、日清丸紅飼料、水産研究・教育機構東北区水産研究所宮古庁舎などと連携し、昨年11月に始めた。宮古湾内に設けた八角形のいけす(直径約20メートル)2基に稚魚を投入し、順調に育っている。

 トラウトサーモンは国内外で人気があり、すしねたとしての需要も高い。