矢巾町駅東の「味の味橋(みはし)屋」は、新型コロナウイルスの影響で苦境にある県産牛乳を応援しようと、県産牛乳を使った期間限定メニューを始めた。第1弾のタピオカミルクは4月末まで。いちご、ミルクティーの2種類で各400円。

 限定メニューは第2弾、第3弾と夏まで続ける。佐々木広之店長(57)は「人気のうす焼きや大判焼きは留守番する子ども用にもおすすめ。少しでも力になれたら」と次回作考案にも注力する。