花巻市大迫町のエーデルワイン(藤舘昌弘社長)の赤ワイン「ゼーレ オオハサマ メルロー樽(たる)熟成2017赤」が、アジア最大の出品規模を誇る審査会で、19の特別賞の一つ「ベストジャパニーズワイン」のグランプリ(白1、赤2、ロゼ1の計4点)に選ばれた。

 審査会は世界29カ国から4333点が出品された「サクラアワード2020」。女性延べ560人が東京都内で1月下旬に審査し、「ゼーレ メルロー」はダブルゴールド256点(全体の5・9%)の一つに選ばれた。

 さらに選考対象となった「ベストジャパニーズ」でも最高得点の赤ワイン(今回は2点)となった。全出品数のうち日本国内で造られたワインは277点。うちダブルゴールドは11点で極めて評価が高いという。

 「ゼーレ メルロー」はオープン価格で県内の主な酒販店で25日に発売された。