漆生産量日本一を誇る本県で、漆関連業者と世界的はさみ製造メーカー、美容業者がタッグを組み、表面の装飾を県産漆で仕上げた美容用はさみを開発した。世界最上級のはさみに蒔絵(まきえ)が施された華麗なデザインと、しっとりとした持ち心地が特長。上質な「メード・イン・岩手」の魅力を国内外に発信する。

 手掛けたのは漆精製・販売の浄法寺漆産業(盛岡市)、岩手町川口に製造拠点を構えるはさみ製造・東光舎(東京都)、同市内3カ所で美容室コレットヘアーを経営するケイエヌ・スピリッツ(同市)の3社。

 はさみは3本(1本25万円程度)で、浄法寺漆産業が東光舎の自社ブランド、ジョーウェルの最上級モデル「SPMシリーズ」の表面に県産漆で蒔絵を施した。漆塗装のはさみは今後、東光舎が購入希望者とデザインを相談しながら販売する方向。