北海道小樽市は25日、本県に滞在歴のある茨城県在住の40代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染経路は現時点で不明。岩手県内の保健所が接触者について調べる。

 小樽市保健所によると、男性は仕事で本県滞在中の21日に倦怠(けんたい)感があった。23日に航空機で北海道に出発し、その後、JRで小樽市に移動、せきが悪化して受診したところ肺炎が見つかった。24日に検査で陽性と判明した。

 25日現在、発熱はなく軽症で、会話は可能。海外渡航歴はなく、同行者はいなかった。