久慈市長内町 ジョブカフェ久慈就業支援員 星野 亜紀子さん(51)

 あの日は八戸市で仕事中だった。大きな揺れと同時に停電して驚き、ビル1階の職場からすぐに外に出て収まるのを待った。市内は信号も止まっていたが、車は互いに譲り合い、落ち着いて通行していたのが印象に残っている。震災後は数日分の水や食料を備えるようになり、スニーカーやリュックサックを愛用するようになった。毎日の習慣や考え方が変わった。