2020.03.24

東京五輪1年程度延期で一致 新型コロナで、首相とIOC会長

安倍晋三首相、IOCのバッハ会長
安倍晋三首相、IOCのバッハ会長

 安倍晋三首相と国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は24日の電話会談で、夏の東京五輪を1年程度延期する方針で一致した。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、夏の東京五輪・パラリンピックを「完全な形」で開催するためには延期が望ましいと判断した。首相は1年程度の延期を提案し、バッハ氏は同意した。バッハ氏は、IOCとして4週間以内に結論を出す方針で、理事会メンバーとも24日に協議する。

 日本政府関係者によると、会談はバッハ氏側から打診があった。五輪が戦争で中止になった例は複数あるが、延期されれば史上初めてになる。

◇    ◇

 号外「五輪1年程度延期で一致」を電子新聞「岩手日報デジタル版」で配信しています。会員登録(無料)すると、閲覧できます。

 岩手日報デジタル版

 号外はこちら 

会員登録はこちら