ロッテのドラフト1位ルーキー佐々木朗希投手(大船渡高)が24日にZOZOマリンスタジアムで行われる練習でフリー打撃に登板し、初めて打者相手に投げることになった。井口資仁監督は「ようやくグラウンドで投げるということで、さらにギアを上げていってもらえればいい」と心待ちにした。

 若手打者2人を相手に5分程度投げる予定。吉井理人投手コーチの指導の下、キャンプ最終日の2月13日に初めてブルペンに入って捕手を立たせて投げ、3月13日に初めて変化球を交えて投球練習を行うなど、段階を踏んで調整してきた。井口監督は「投手コーチが描いたプログラム通りに来ている。それ以上に順調かなと思う」と話した。