盛岡市上田の児童養護施設みちのく・みどり学園(西山秀則園長、入所児童49人)は21日、敷地内に完成した新園舎の内覧会を開いた。

 新園舎は木造平屋で、管理棟と子どもたちが暮らすグループホームの床面積は約1446平方メートル。4億3千万円を投じ2019年7月に着工、今年2月末に完成した。定員30人で、27日から利用する。

 内覧会は22日にも開く。午前10~11時半と午後1~2時半。問い合わせは岩手愛児会事務局(019・662・5696)へ。