児童生徒向け教育ソフトウエア開発を手掛けるアクセルゲート合同会社(八幡平市大更、阿部拓磨代表社員)は4月から、市内小学生対象のプログラミング教室を開く。開講は3季目で、2020年度から小学校で必修化されるため需要は高まっている。論理的な考え方や課題解決の楽しさを伝える。

 9月までの6カ月間、毎週水曜に開き、全24コマ(1コマ50分)を予定する。市の地域おこし協力隊員で、市主催のコンピューターエンジニア養成講座を修了した吉田力さん(32)がプログラミングの基礎を教える。