花巻市大畑の湯本小(片野正喜校長、児童206人)では46人が卒業。当初、20日の卒業式に参加できない恐れがあった保護者が「子どもたちに寂しい思いをさせたくない」と、卒業生に宛てたメッセージを廊下に張り出した。

 冨手陽向(ひなた)さんの母知美さん(37)=同市湯本=は、陽向さんが好きな黄、紫、オレンジの3色で花をあしらい「太陽のようなまぶしい笑顔で夢に向かって進め!あなたは自慢の娘です」と思いをつづった。

 陽向さんは「私にとっても自慢のお父さんとお母さん。言葉のように真っすぐに生きたい」とはにかんだ。無事出席した知美さんは「もし出席できなくても、娘の背中を押したかった。家族の愛情を伝えたかった」と目を細めた。