日本ボクシング連盟は20日、開催国枠で東京五輪に出場する男子の3選手を発表し、ライト級の成松大介、ミドル級の森脇唯人(ともに自衛隊)、フライ級の田中亮明(岐阜・中京学院大中京高教)が名を連ねた。30歳の成松は2大会連続、23歳の森脇、26歳の田中は初出場となる。初の五輪切符を狙っていたライトヘビー級の梅村錬(拓大4年、江南義塾盛岡高)は選ばれなかった。

 強化委員会では、アジア・オセアニア予選で1勝した森脇を選出。初戦敗退の成松、田中は過去の実績で選ばれた。梅村は同予選で初戦敗退し、同予選での出場枠獲得を逃していた。