矢巾町煙山の実相(じっそう)寺裏の観音堂で2月1日に開かれたスミつけ祭りの第10回写真コンクール応募作品展は5日まで、町役場1階で開かれている。

 コンクールは祭り実行委(沼田徳彦委員長)と町観光協会(吉田秀一会長)が主催。親子の楽しげな表情を捉えて最優秀賞に選ばれた達下才子さん(奥州市)の「まだまだ塗ります!」など県内19人の36点を展示し、顔に炭を塗り合う参加者の笑顔が訪れた人の目を引いている。

 作品は6~13日には同町駅東のやはぱーくに展示する。