日本酒の魅力を国内外で発信する「2020Mr SAKE(ミスター・サケ)」に選ばれた一戸町出身の横浜国立大4年大谷史也さん(22)は17日、県庁を訪れ、保和衛副知事に意気込みを語った。

 選出された1月から来年3月まで、国内外の講演やイベントなど約100件のPR活動を予定する。大谷さんは「ワクワクしている。日本酒を通じて世界に誇れる地元の食文化を伝え岩手、二戸をもっともっと盛り上げたい」と語った。