新型コロナウイルス感染症拡大を受け、臨時休校が続く県内の小学校200校(64・5%)、中学校84校(53・5%)が離任式を行わないことが県教委のまとめで分かった。県立高では春休み中も部活動禁止を継続するが、校庭と体育館を開放。生徒の個人的な利用を認めている。

 離任式の実施状況は、13日時点でまとめた。修了式は小学校142校(45・8%)、中学校55校(35・0%)が行わない。実施する学校は時間短縮やマスクを着ける、児童生徒の間隔を空けるなどの感染症予防策を取った上で行う。