大船渡市の盛川に架かる川口橋は東日本大震災後の架け替え工事が終わり、20日午前10時に新たな橋が開通する。これまでより海面から高い位置に造り、津波に強い橋として大船渡町と赤崎町を結ぶ。

 県は11年度から盛川の津波対策として、かさ上げを含む堤防の復旧に着手。かさ上げに伴い川口橋の架け替えも必要となり、既存の橋より約20メートル上流に新しい橋を整備した。

 現在の橋は20年度内を目指して撤去する。