本県と青森県の生徒や学生がデザインした衣装を発表する第7回北いわて学生デザインファッションショーの優秀賞制作品展が17日、盛岡市菜園のカワトクで始まった。22日まで、若い感性と県北地域の縫製業の技術を間近で楽しめる。

 県北地域の縫製業者16社でつくる北いわてアパレル産業振興会(森奥信孝代表理事)が主催。2月に開催した同ショーで最優秀賞に輝いた、花北青雲高3年宮川歩実さんのマントスーツなど、独創性あふれる優秀作10点とデザイン画を展示している。

 入場無料。午前11時~午後6時(22日は同4時まで)。