奥州市教委は16日、時間短縮など新型コロナウイルス感染症対策を講じた上で、離任式や始業式、入学式を校長の判断で実施して構わない旨を各小中学校長宛てに通知した。

 状況変化から変更する場合もあるとした上で、▽春休み中の児童・生徒の学校受け入れは、基本的に行わない▽健康保持の観点から、校庭を利用して運動してもよい▽中学校の部活動について、春休み中は禁止。始業式後の4月中は実施してもよい-ことも通知した。

 式典の開催について、奥州市教委の千田良和教育部長は「関係者の思いがこもった重要な式典なので、規模縮小など十分な対策を施した上での判断となる」と説明する。