2020.03.15

「風さそふ花よりもなほ我はまた春の名残を…

 「風さそふ花よりもなほ我はまた春の名残をいかにとかせん」。「忠臣蔵」でおなじみ赤穂藩主浅野内匠頭(たくみのかみ)が無念の辞世の句を残したのは1701(元禄14)年3月14日のことだ

◇    ◇

 電子新聞「岩手日報デジタル版」のサービス開始に伴い、論説と風土計の無料公開は終了しました。岩手日報本紙と電子新聞の定期購読は、下記のページから申し込みができます。今後もご愛読をお願いします。

 

 定期購読申し込み・ご案内

 岩手日報本紙  電子新聞