東北を本拠とするプロ野球楽天は東日本大震災から9年を迎えた11日、遠征先の静岡市の静岡県草薙総合運動場野球場で西武とのオープン戦に臨み、震災の発生時刻である午後2時46分に合わせて1分間、黙とうをささげた。

 球場には半旗が掲げられる中、五回裏の楽天の攻撃中に試合を一時中断して両チームの選手らが被災地へ思いをはせた。

 普代村出身の銀次(盛岡中央高)は「特別な日。少しでも元気になってもらえるように野球をやっていけたら」と語った。