2020.03.11

震災9年 「命の重み」伝え続ける

 東日本大震災から9年、被災地は静かな祈りに包まれる。復興の歩みとともに遠ざかる街と人の記憶。震災を知らない世代も増えてきた。はかない命の重み、守るすべをどう継承していくか。風化が進む今、向き合い方もまた問われている。

◇    ◇

 電子新聞「岩手日報デジタル版」のサービス開始に伴い、論説と風土計の無料公開は終了しました。岩手日報本紙と電子新聞の定期購読は、下記のページから申し込みができます。今後もご愛読をお願いします。

 

 定期購読申し込み・ご案内

 岩手日報本紙  電子新聞