大船渡市大船渡町のキャッセン大船渡(田村満代表取締役)は11日まで、東日本大震災の犠牲者の鎮魂を祈る竹明かりのライトアップを行っている。

 キャッセンの千年広場に、高さ約3メートルのオブジェなどを設置。商店主や市民らによるグループ「竹部」のメンバーらが制作した大小合わせて約100個の明かりがまちを照らしている。竹明かり制作ワークショップなども予定していたが、新型コロナウイルスの感染症拡大防止のため中止となった。

 11日は午後2時~同8時に点灯。献花台も設置している。