宮古市茂市の湯ったり館は4月末まで、旬の川魚を使った新春御膳(税込み900円)とイワナフライ丼(同700円)を売り出している。

 新春御膳は地場産のヤマメの塩焼き、イワナの南蛮漬け、山菜天ぷらなど春の味覚尽くし。丼は大きなフライが4枚ものり、ボリューム満点だ。

 新型コロナウイルス感染症の影響で宴会キャンセルが相次ぎ、地域の景気は冷え込む一方。メニュー開発や仕出し配達など努力を重ね「春本番」を待つ。