2020.03.10

東北を地方創生のモデルに あす震災9年、首相インタビュー

「東北を地方創生のモデルとしたい」と復興加速に決意を示す安倍晋三首相=9日、首相官邸(代表撮影)
「東北を地方創生のモデルとしたい」と復興加速に決意を示す安倍晋三首相=9日、首相官邸(代表撮影)

 【東京支社】安倍晋三首相は9日、東日本大震災から9年を前に、首相官邸で岩手日報社など被災3県4新聞社のインタビューに答え「東北の復興なくして、日本の再生なし。政権の発足以来、最重要課題だ」と強調した。被災地で人口減少が進む現状も踏まえ「地域の情熱とアイデアを全力で後押しし、東北を地方創生のモデルにしたい」と述べ、産業再生や交流人口の拡大に一層注力する姿勢を示した。

 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、11日の政府主催追悼式を中止した経緯について安倍首相は「今が感染拡大を防止するために、あらゆる手を尽くすべき時期だ。誠に残念ながら開催を断念した」と説明。当日の自身の対応は「首相官邸で黙とうをささげ、私から追悼の言葉を述べたい」と語った。

 

インタビューの詳報は岩手日報朝刊、岩手日報デジタル版でお読みください。

 岩手日報購読申し込み 岩手日報デジタル版申し込み