エンゼルス大谷翔平(花巻東高)は8日、ブルペンでやや強めに42球を投げた。球団によると最速で90マイル(約145キロ)を計測。実戦を想定したかのように15球目、30球目の後にインターバルを挟みながら変化球も交えた。

 途中から志願して左打席に立ったマイナー選手のマーシュは「とても良かったのではないか。全力ではなかったけれど、球に勢いがあった」と印象を口にした。

(テンピ共同)