2020.03.01

検事長の定年延長 法治国家を危うくする

 検察の前には庶民も為政者もない。社会正義の実現という重大な使命を帯びる機関にあって、独立性や中立性は生命線。検察庁法によって一般の国家公務員より厚い身分保障が与えられているのも、そうした役割に対する国民の期待と信頼があればこそだ。

◇    ◇

 電子新聞「岩手日報デジタル版」のサービス開始に伴い、論説と風土計の無料公開は終了しました。岩手日報本紙と電子新聞の定期購読は、下記のページから申し込みができます。今後もご愛読をお願いします。

 

 定期購読申し込み・ご案内

 岩手日報本紙  電子新聞