花巻農協(本店花巻市、高橋勉組合長)は2月28日、花巻産のヒエを主原料としたオリジナル焼酎「稗造君(ひえぞうくん)」の自己商標酒類卸売業免許を取得した。これまでは同農協が運営する同市野田の産直「母ちゃんハウスだぁすこ」のみでの販売しか認められなかったが、今後は全国の産直や農協に商品を売り込み、農業者の所得増大を目指す。

 自己商標酒類卸売業免許は、自らが企画や製造委託した酒類の卸売りを認める免許。同農協は同日、花巻税務署(佐藤秀春署長)から免許の交付を受けた。

 稗造君は720ミリリットル入りで、アルコール度数は25度(1350円)、30度(2170円)、40度(3600円)の3種類がある。全て花巻産のヒエを40%以上使用。まろやかな口当たりで癖がなく、さまざまな料理に合うのが自慢だ。