新型コロナウイルスの感染拡大を受け、12日からの全便運休が決まっていた花巻空港と中国・上海を結ぶ国際定期便が、予定を前倒しして8日から運休に入ることになった。運航する中国東方航空が「公衆衛生安全のため」として対応を早め6日、県に伝えた。

 全便運休は3月28日まで。同便は毎週水、土曜に運航してきた。4月以降の運航計画は現時点で未定となっている。