7日朝の県内は厳しい冷え込みとなり、山沿いを中心に雪となった。盛岡は今季最低の氷点下9・6度(平年比3・8度低)を記録した。

 各地の最低気温は、盛岡・薮川同21・1度(同6・5度低)、宮古・区界同15・4度(同3・7度低)、紫波同14・7度(同8・6度低)、遠野同13・0度(同5・3度低)、久慈同11・2度(同5・7度低)など。36の観測地点中24地点で今季最低を更新した。

 盛岡地方気象台によると、同日の県内は曇りや晴れとなるが、気圧の谷や湿った空気の影響により夜遅くは内陸を中心に雪となる見込み。8日は冬型の気圧配置となり、曇りや晴れとなりそうだ。