一関市旭町の酒販店リカーショップコンノ(今野公英店主)は来月19日、一関産のもち米「こがねもち」を使用した純米酒を発売する。もちの里ならではの酒を通じ、餅食文化のPRと地域活性化を目指す。

 5日に同市花泉町の磐乃井酒造(阿部徳彦社長)で初しぼり披露会を開き、蔵人が櫂棒(かいぼう)を使って醸造タンクのもろみを丁寧にかき混ぜた。もろみはホースを通って圧搾機に送られた。