県教委と盛岡市教委は4日、2020年度県内公立高の推薦入試合格者数を発表した。県立は全日制62校117学科のうち49校90学科に913人が受験し、705人が合格。推薦入試募集定員1068人に対する充足率は66・0%で、前年度を6・5ポイント下回った。農商工業など専門学科で募集定員割合を引き上げたことが背景にあるとみられる。盛岡市立は普通科と商業科の計108人が合格し、充足率は93・9%だった。

 県立と盛岡市立の一般入試出願期間は5~12日、志願変更期間は14~20日。一般、連携型ともに試験は3月6日(追検査は同12日)、合格者発表は同17日。県立の2次募集と盛岡市立の一般入試後期(普通科特別進学コースのみ)の試験は同25日に行う。