洋野町種市 町職員 林下 昌子さん(40)

 東日本大震災が発生したときは町役場種市庁舎にいた。すぐ災害対応に追われたが、民生委員の方々が自主的に地域住民の安否確認を行い、提供してくれた情報がとても役に立った。自宅にラジオや食料を入れた持ち出し袋は準備しているが、近年は台風による被害など災害が多様化している。震災で痛感した備えの重要性を再確認し、さまざまな災害に対応できるように勉強し、次代に伝えたい。