宮古市が整備を進めている三陸鉄道の新駅「新田老駅」の利用開始日が5月18日に決まった。新駅は同市の田老総合事務所新庁舎と一体整備。施設には市の行政機能に加え、金融機関や商工団体も入居する。周辺には道の駅や野球場、災害公営住宅があり、地域活性化や住民交流の拠点として期待される。

 新駅は現田老駅から北に500メートルほどの場所になり、一部3階建て鉄筋コンクリート造りの施設は、3階を駅のホームにつなげ、待合室も備える。1階から3階の連絡通路はエレベーターでつなげる。1階は田老総合事務所、田老保健センター、宮古信用金庫田老支所、2階は宮古商工会議所田老支所と会議室が入る。