東北道平泉スマートインターチェンジ(IC)の2021年3月開通に向け、平泉町は付近に駐車場の整備を進めている。駐車台数は1100台で、東日本高速道路が管理するサービスエリア(SA)、パーキングエリア(PA)の最大駐車場を上回る規模。スマートIC開通と同時期の使用開始を見込む。

 町は、同町の恒例行事「春の藤原まつり」で毎年多くの観光客が訪れることから、東北道を利用して平泉を訪れる台数を基に駐車台数を考えた。1100台は、東日本高速道路の管理下で最多となる埼玉県蓮田市の東北道上り蓮田SA(491台)を上回り、中日本高速道路の管理下で最多となる神奈川県海老名市の東名道下り海老名SA(624台)も上回る規模。