矢巾町煙山の実相(じっそう)寺(晴山弘俊(こうしゅん)住職)の奇祭、スミつけ祭り(実行委主催)は1日夜、同寺裏の観音堂で行われた。町内外から参加した家族連れら約500人が顔に炭を塗り合い、健康や安全を祈願した。

 四百数十年前から続く地域の伝統行事。積み重ねたスギの枝の中にご神体を入れて点火し、「消し炭」を使用する。今年は炭を冷ます雪がなく水で代用。参加者は年齢も知人も他人も関係なく塗り合い、顔を真っ黒にして一年の多幸を願った。