【沖縄県石垣市で運動部・清川航矢】ロッテのドラフト1位、佐々木朗希(大船渡高)は2日のキャンプで投手としての総合力を磨いた。投内連係は前日より多くのケースを試した。

 全体練習前にミーティングでサインを確認。投手陣の一員として必要な連係を繰り返し「これからしっかりと覚えていかないといけない」と気を引き締めた。

 投内連係は一塁ベースカバー、各塁への送球、グラブトスに汗を流した。一塁のベースカバーでは相手に分かるように声を掛け、捕球してから確実にベースを踏んだ。単純なことだからこそ手を抜かない。先輩投手のプレーも真剣な表情で見つめていた。