【ポートシャーロット(米フロリダ州)共同】米大リーグは27日、各地でオープン戦が行われ、エンゼルスの大谷翔平(花巻東高)はパドレス戦に「4番・指名打者」で先発し、2打数無安打、1四球2三振だった。チームは0―1で負けた。

 

 【本紙特派員・斎藤孟】この日もエンゼルスの4番を担った大谷翔平は第3打席に四球で出塁したが、今季初安打は生まれなかった。

 初回2死一塁の第1打席は初球からスイングするもファウル。最後は97マイル(約156キロ)の外角高め直球に空振りした。四回無死一塁で回った第2打席は92マイル(約148キロ)の直球にバットが空を切った。

 六回2死一塁の第3打席は初球ファウルでタイミングは合っていた。その後はボールをしっかり見極めて四球を選んだ。3打席のうち2打席は初球をスイング。少しずつ実戦感覚を取り戻している。