普代村は同村で養殖するワカメ・コンブが吸収する温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の吸収量を販売し、企業や団体が買い取る横浜市の排出権取引制度に参入する。深刻化する気候変動に対応した取り組みで、収益は同村の養殖漁業の活性化や海づくりに役立てる。

 同村が参加するのは同市独自の「横浜市ブルーカーボン・オフセット」。ブルーカーボンは海藻など海の生態系がCO2を吸収し、海中に炭素を蓄積することを指す。独自制度では、同村の養殖ワカメ・コンブの水揚げ高から算出された二酸化炭素の吸収・固定量を基に同市が「ブルーカーボンクレジット」を発行。クレジットを買い取った企業や団体は社会的責任(CSR)活動などの広報に活用し、売り上げは同村に入る。