日報リーダーズサークル久慈例会「星屑(ほしくず)の町」プレミア上映会(岩手日報久慈広華会、久慈市など主催)は24日、久慈市川崎町のアンバーホールで開かれた。主演ののんさんと杉山泰一監督の舞台あいさつが行われ、県内外から集まった約700人が撮影の裏話などを楽しんだ。

 舞台あいさつでは、2人が同市をロケ地に選んだ理由や東北弁の練習に関する苦労話などを披露。のんさんは「山側の久慈も知ることができてとても楽しかった。地元の人たちが顔なじみのように迎え入れてくれてリラックスして撮影できた」と会場を沸かせた。杉山監督は「映画を見て久慈や東北を訪れる人が増え、活性化につながればうれしい」と願った。

 21日から岩手、青森、秋田、宮城で先行上映されており、3月6日から全国で上映される。