奥州市の岩谷堂箪笥(たんす)生産協同組合(三品健悦理事長、4社)は、岩谷堂箪笥の特長を生かしながら現代の生活にマッチさせた「くらしな」シリーズの新作15点を21日発表した。3月6日に開幕する第17回岩谷堂箪笥まつりでお披露目し、受注生産を開始する。

 新作は、色や大きさの異なる引き出しを自由に入れ替えて使えるチェストや車輪付きのテレビボードなど、現代の生活に合わせて使えるよう工夫を凝らした。記念盾や花瓶、時計など多彩な小物もそろう。